ロッテ 走塁ミスで連敗も井口監督「先の塁を狙うことは悪くない」

[ 2019年5月3日 16:00 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3オリックス ( 2019年5月3日    京セラD )

 ロッテは痛すぎる走塁ミスが続き、4連勝の後、2連敗した。

 2点を追いかける5回2死一塁、岡に今季22打席目での初安打となる内野安打が出たが、三塁から一塁へ送球の間に三塁を狙った一塁走者・田村が、三塁でタッチアウト。オリックス・山岡攻略の糸口を失うと、7回2死一塁では代打バルガスの左中間二塁打で一気に本塁を狙ったレアードが、憤死した。

 ただ、井口監督は「先の塁を狙うことは悪くない。動かないと勝てないのでバントミスなど、なくしていかないといけない」と積極走塁での失敗は不問に付し、5回無死一塁で藤岡のバント失敗など基本的なプレーでのミスを指摘した。

 4連勝から好投手の山本、山岡に封じられ、最下位オリックスに連敗。完済まであと一歩だった借金は3と後退したが「次回また、打ち崩せるようにしたい」と指揮官は雪辱を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース