楽天 初対戦のソフトB大竹に苦戦 平石監督「緩急もあって、イメージより難しかった」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0-1ソフトバンク ( 2019年5月2日    ヤフオクD )

7回無死一塁、ブラッシュ(左)が三振に倒れ厳しい表情の平石監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天は6試合連続2桁安打と好調な打線が初対戦の大竹を打ちあぐね、5安打で今季3度目の零敗。平石監督は「あともう一歩のところ。(大竹は)緩急もあって、そのあたりがイメージより難しかった」と悔しさをにじませた。

 0―1の8回1死一、三塁では4番・島内が二ゴロ併殺打。新人右腕・甲斐野の直球を「いい感じで捉えたと思ったけど…」。しかし、強烈な打球は野手の正面だった。痛い黒星で首位・ソフトバンクに再び1・5ゲーム差に広げられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース