広島 大瀬良 連敗脱出に貢献「次の攻撃につながる投球をしたかった」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―0阪神 ( 2019年5月2日    甲子園 )

広島先発の大瀬良(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良がエースの肩書に相応しい粘投で連敗脱出に貢献した。

 3回の1死一、二塁を切り抜け、7回2死満塁では糸原の中直が正面を突く幸運にも恵まれた。3勝目は付かなくても低調な攻撃陣を救い、「こういう時こそゼロでつないでチームに勝ちが付いたり、次の攻撃につながる投球をしたかった。それができてよかった」と胸を張った。

 計7安打されて「状態はあまり良くなかった」という内容でも決定打は許さず、二塁を踏ませなかった阪神・岩田と同じ7回無失点。「岩田さんはいいボールを投げていた。負けられないと思って乗せられた」。3試合にまたいで計19回無失点へ伸ばし、緒方監督からも「やっぱり(大瀬良)大地でしょう。しっかり投げ抜いてくれた」とねぎらわれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース