立正大初勝利 立松ツインズ兄・由宇が決勝満弾 主将の涙に奮起

[ 2019年5月3日 18:58 ]

東都大学野球春季リーグ戦 第3週2回戦   立正大12―10中大 ( 2019年5月3日    神宮 )

東都大学春季リーグ戦・中大―立正大・決勝の満塁本塁打を放った立正大の立松由(写真右)と双子の弟で同じく立正大の立松峻(左)
Photo By スポニチ

 立正大が中大との打撃戦を制し、開幕6戦目でようやく初白星を手にした。

 昨秋リーグ覇者で日本一にも上り詰めたが今季は低迷。苦しむ中で今季からマスクをかぶる立松由宇捕手(3年、藤代)が2点を追う6回、同点に追いついてなおも1死満塁から右越えに本塁打。「全然勝てなくてチームに負のオーラが出ていた。とにかく思い切り打とうと。夢中で打った」と振り返った。

 開幕から黒星が続き根本郁也主将(4年、桐光学園)が試合後のミーティングで「自分が悪い」と涙したこともあったという。「4年生はプレッシャーがかかっている。3年生の僕らが盛り上げないと、と思った」と立松由。「絶対に勝つ」と足がつるほど体に力が入っていた中での連敗ストップに「これからは自信を持ってやりたい」と話した。

 試合後には双子の弟で同じく立正大の峻内野手(4年、藤代)とも握手。小学校から大学まで同じチームでプレーし、峻は「(由宇のアーチは)すごくうれしかった。僕も頑張らないと」と刺激を受けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月3日のニュース