駒大の1年生右腕・福山 リーグ初先発で初勝利 7回途中4失点も大量援護に感謝

[ 2019年5月3日 05:30 ]

東都大学野球 第3週第2日   駒大9-4東洋大 ( 2019年5月2日    神宮 )

駒大先発の福山(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合と1回戦1試合が行われた。駒大は東洋大に9―4で勝って1勝1敗。7回途中4失点の福山優希投手(1年)がリーグ初勝利を手にした。

 初めて先発した1年生の福山は6回1/3を4失点でリーグ戦初勝利を挙げた。「高校と大学は違うけど、試合になったら上級生も気にせず投げられました」。青森・八戸学院光星のエースとして昨夏の甲子園を経験した右腕。1日夜のミーティングで大役を告げられた後、捕手で主将の鈴木から序盤から飛ばし、内角を攻めることなどの助言を受け、生かした。大倉孝一監督も「1年生ですから。頑張ってくれました」と称えた。

 ▼東洋大杉本泰彦監督(1年生の先発・渡辺がつかまって大敗)駒大が狙い球を絞ってきた。ウチは1死三塁を2度逃したからね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース