日本ハム・金子 悔しい2被弾で2敗目「球自体は悪くなかったけど…」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3-5西武 ( 2019年5月2日    メットライフD )

5回2死、4失点し降板する金子(左)(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 日本ハム・金子が1―1の5回2死走者なしから秋山、森に2被弾して3失点。4回2/3を4失点で今季2敗目を喫し、メットライフドームでは08年3月20日以来、4060日ぶりの白星はお預けとなった。

 5回はいずれも外角を狙った球が内側に入り「それまで(の打席)は内角にいっていたので、きっちり外角に投げたかった。球自体は悪くなかったけど、そういう時に打たれたら悔しい」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース