国学院大連勝!先発・横山6回9K1失点 鳥山監督称賛「優勝の望みつなげた」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

東都大学野球 第3週第2日   国学院大5-1亜大 ( 2019年5月2日    神宮 )

国学院大先発の横山(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合と1回戦1試合が行われた。2回戦では国学院大が亜大に5―1で2連勝して勝ち点2。横山楓投手(4年)が6回1失点に抑え、今季2勝目を挙げた。駒大は東洋大に9―4で勝って1勝1敗。7回途中4失点の福山優希投手(1年)がリーグ初勝利を手にした。

 国学院大は先発した横山が6回4安打1失点、9奪三振で勝ち点獲得に貢献した。4月30日に先発予定も雨天順延でスライドしたが「思い通り真っすぐで勝負できた」と今季2勝目を振り返った。ゆったりしたリズムから投げ下ろすフォームは下級生時に腰を痛め試行錯誤の末、たどりついた。「今はもう痛くありません」と最終学年に懸ける。鳥山泰孝監督も「投打に気持ちの入った野球。優勝の望みをつなぐことができた」と評価した。

 ▼亜大生田勉監督(先発の松本晴が早々に失点し)うちは投手が引っ張るチーム。先発が崩れると苦しいね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース