DeNA・筒香 先発・今永の「おねだり」応えた今季初V弾!打撃好調の秘密は「玄米」?

[ 2019年5月3日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2-0ヤクルト ( 2019年5月2日    横浜 )

ヒーローインタビューで笑顔を見せる筒香(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 試合を決める。これぞ4番の一振りだ。DeNA・筒香の打球は美しい放物線を描いて右翼席最上段へ。9号2ランは今季自身初の決勝アーチとなった。

 「今永が一生懸命投げていた。何とか点を取ってあげたいと思っていた」。両軍無得点の7回無死一塁。高めのチェンジアップを捉えた一発はチームの「令和1号」になり、6回まで1安打に封じられていたスアレスを打ち砕いた。ロッカールームで「本塁打がいいか、安打がいいか」と問いかけ「本塁打がいいです」とお願いされていた今永へ、約束通りのアーチ。白星を手にした左腕を「いつも打つ雰囲気を持っている。さすが」とうならせた。

 ヒーローインタビューではお仕事体験の小学生から「特訓していることは」と質問を受け「玄米をたくさん食べることです」と明かした。「白米も食べますが、玄米は栄養価が高い。疲労が抜けやすくなっています」と、ここまで打率・309の安定した成績につなげている。ラミレス監督も「全てのチームがこういう4番が欲しいと思える4番バッター」と絶賛。10連敗を喫した平成は過去のこと。令和を2連勝で発進した。(町田 利衣)

《苦手外国人攻略》
 ○…筒香(D)が9号決勝2ラン。決勝本塁打は今季初で、昨年9月22日の中日戦以来だ。また、打ったのは新外国人のスアレス(ヤ)。今季はこの試合前まで、外国人投手を打率・231、1本塁打(対日本人・316、7本塁打)と苦手にしていたが、対戦3打席目で攻略に成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース