DeNA リクエスト実り苦手の西から先制点!神里がタイムリー

[ 2019年5月3日 15:10 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年5月3日    甲子園 )

<神・D>2回表1死、神里の安打で本塁に滑り込み、判定はアウトとなるもリクエストによりセーフとなる筒香(捕手・梅野(撮影・後藤 正志))
Photo By スポニチ

 DeNAが苦手の西から先制点を奪った。

 2回1死一、二塁から神里が右前打。二塁走者の筒香が一気に本塁へと滑り込んだが、一度はアウトの判定となった。しかしラミレス監督がリクエスト。リプレー検証の結果セーフとなった。オリックス時代に6度対戦して5勝を献上し、土を付けられていない西から、待望の1点となった。

 「チャンスの場面だったので積極的に打ちにいきました。阪口を援護できるよう、次の打席も頑張ります」と笑顔を見せた神里は、この日2年目でプロ初登板初先発となった阪口とは同期。必死にアウトを積み重ねる右腕の背中を押す一打となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース