ソフトB・大竹やっと勝てた…5度目先発で涙の1勝「時代が変わったので何か変わるんじゃないかと」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1-0楽天 ( 2019年5月2日    ヤフオクD )

やっと勝てた…お立ち台で涙をぬぐう大竹(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 お立ち台で涙があふれた。開幕から1カ月がたち「5度目の正直」で手にした今季初白星。抑えても勝てないつらさからようやく解放されたソフトバンク・大竹は感極まった。

 「周りには見せないようにしていたけど正直焦りはあった」。決勝打を放った今宮のねぎらいの言葉やファンの大歓声も涙腺に響き「今宮さんのせい。あとはファンの予想外の声援のデカさがうれしくて」と苦笑いした。

 開幕から4試合全てハイクオリティースタート(7回以上、自責点2以下)の好投も援護に恵まれない登板が続いた。この日は初回に今宮が先制打。初めてリードをもらった。

 「今宮さんからは毎ゲーム後に“今日はごめんな。次は打つから”と声をかけてもらっていた。今日は1点を守れるように気持ちを入れて投げた」。7回を4安打無失点。2位・楽天を1・5ゲーム差に引き離し、ハイクオリティースタートも5試合に伸ばした。

 18回1/3を連続無失点でリーグ2位の防御率0・72。育成出身の2年目左腕が好投を続ける要因として、エースの助言があった。4月3日のオリックス戦(京セラドーム)後、帰りのタクシーに同乗した千賀に調子が悪い時の立て直し方を尋ねた。答えは自身を客観視しながら投げることで「落ち着いて投げるヒントになった」という。6回以降は直球が高めに浮いてピンチを迎えたが、千賀の助言通り「下半身が使えていない」と冷静に分析。コースを突き続け、崩れずに切り抜けた。

 チームで令和最初の勝利投手にもなった。「時代が変わったので何か変わるんじゃないかと期待していた」。ハイクオリティーな男を「令和」は優しく迎え入れてくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース