中日 ロメロ 怒りあらわ「捕手のサインに自分が首を振って…」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3―9巨人 ( 2019年5月2日    東京ドーム )

5回巨人2死一、三塁、陽岱鋼が左中間に3点本塁打。ロメロ(手前)はグラブを叩きつけて悔しがった
Photo By 共同

 中日のロメロは5回6失点で来日初黒星を喫した。3―2の5回2死一、二塁から岡本を左飛に打ち取ったはずが、天井に直撃する適時内野安打となり同点。その直後、陽岱鋼に勝ち越し3ランを被弾した。

 初球、144キロの内角直球を左翼席に運ばれた助っ人は、グラブを叩きつけて怒りをあらわ。試合後は「本塁打を打たれたからでなく、捕手のサインに自分が首を振って、投げた球が甘く悔しかった」と弁明した。

 3被弾は来日ワーストで「甘い球を逃してくれなかった。次はこんなことがないよう練習したい」と雪辱を誓った。チームは12連戦を2勝4敗と黒星先行で折り返し。残り6試合はすべて本拠地・ナゴヤドームでの開催だけに地元で巻き返すしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース