ロッテ・角中2安打1打点 通算1000安打へ残り4本

[ 2019年5月3日 17:52 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3オリックス ( 2019年5月3日    京セラD )

<オ・ロ>8回、2死一塁、角中が右中間に適時三塁打を放つ(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 ロッテ・角中は3点差の8回2死一塁、右中間三塁打を放つなど2安打1打点で通算1000安打へ残り4本とした。

 「(三塁打は)向こうの(外野手の)お見合いがあったけど、1点取れたのはよかったです」

 オリックスの開幕投手・山岡が相手だったこともあり「ある程度(球種を)張らないと難しい」とスライダーを狙っていたが、チェンジアップに反応したのは技術の高さだ。

 通算1000安打へ残り4本。打率・235と結果は出ていないが「(打撃の)内容は悪くないと思っている」と4日からの日本ハム戦(ZOZOマリン)での達成を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース