ソフトB・大竹 12球団唯一の登板5試合全戦「ハイQS」好投やっと報われた

[ 2019年5月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1-0楽天 ( 2019年5月2日    ヤフオクD )

楽天戦に先発したソフトバンク・大竹(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・大竹が7回無失点で今季初勝利。今季初登板からは5試合連続のハイクオリティースタート(7回以上、自責点2以下)となった。今季のセ、パで4試合以上先発し、100%のクオリティースタート(=QS。6回以上、自責点3以下)を維持しているのは千賀(ソ)、有原(日)、メルセデス(巨)、今永(D)と大竹の5人。このうち全試合の「ハイQS」は大竹だけで、ようやく好投が白星に結びついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース