イチロー氏 引退後の歩み コーチミーティングにも参加

[ 2019年5月3日 05:30 ]

笑顔のイチロー氏(撮影者・会津智海)
Photo By スポニチ

《引退後のイチロー氏》

☆3月21日 東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕第2戦後に現役引退を発表。会見では「日本で9年、米国で19年目に突入したところなんですけど、今日限りで現役生活にピリオドを打ち、引退することを決めました」と語った。

 ☆22日 ニット帽にTシャツとジーンズ姿で成田空港に登場。シアトルに戻るため、弓子夫人と成田空港から渡米した。

 ☆4月5日 菅義偉官房長官が、代理人を通じて「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」と国民栄誉賞の辞退を伝えられたと発表した。8日には愛知県の大村秀章知事が県民栄誉賞も辞退の意向を伝えられたことを明かした。

 ☆30日 インストラクターに就任することを発表。ファンの前に姿こそ見せなかったが、練習着に打撃用手袋をはめ、コーチミーティングにも参加した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース