西武・内海 2軍で古巣と初対戦 久々ジャイアンツ球場に緊張&被弾「課題の残る試合」

[ 2019年5月3日 05:30 ]

7回1死一塁、巨人・吉川大(右)に左越え2ランを浴びた内海(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 左前腕の肉離れから復帰を目指す西武・内海がイースタン・リーグの巨人戦(ジャイアンツ球場)に7回から登板し、移籍後に古巣と初対戦。ファンの拍手に迎えられたが、1死から死球を与えて続く吉川大に左越え2ランを許した。

 「ジャイアンツ球場というのもあって緊張もしたし、課題の残る試合だった」。2イニングの登板を予定していたが、球数が22球と増え1回2安打2失点で降板。今後も2軍で登板を重ねてイニング数を伸ばしていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月3日のニュース