×

「渡鬼」石井ふく子さん 野村昭子さんとのお別れ「そばにいてあげられなかったのが申し訳ないなって」

[ 2022年7月5日 09:20 ]

野村昭子さん
Photo By スポニチ

 フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)が5日に放送され、TBS「渡る世間は鬼ばかり」など多くの作品で活躍した女優の野村昭子さん(享年95)が1日に亡くなったことについて特集した。

 番組では、TBS「渡鬼」プロデューサーの石井ふく子さん(95)に電話取材。野村さんについて「現場では皆さんスタッフも良くして頂いて…」と感謝。野村さんは98年から「渡鬼」で、主な舞台の一つである小料理店「おかくら」を手伝う青山タキ役で出演。「親切で優しい方なんだなと思って、いつも頭が下がる思いでした」「調理場では立ちっぱなし。稽古したりしていても“大丈夫よ、元気なんだから、心配しないで!”って」と人柄を振り返り、「年頃も同じで“お互いに頑張ろうね!”って言い合った仲なので、寂しいです…」と吐露した。

 01年に夫で演出家の増見利清さんに先立たれ、一人暮らしだった野村さんの最期について親族から聞いたこととして「甥御さんが1週間に2回ぐらいには行っていて、行ったら倒れてらしたって。もう亡くなっていたんだそうです。1人暮らしなので、何か事故があったんじゃないか、いろいろなことで警察の方もお調べになって、お医者さんに診てもらったら熱中症だったったってことで」と説明。「寂しかったなと思います。そばにいてあげられなかったのが本当に申し訳ないなって思いました」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月5日のニュース