×

ニューヨーク屋敷 AD時代突然蒸発する先輩も 今は「業界全体がクリーンに…みんな楽しそう」

[ 2022年7月5日 13:31 ]

ニューヨーク・屋敷裕政
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ニューヨーク」の屋敷裕政(36)が4日深夜放送のABEMA「スピードワゴンの月曜The NIGHT」(月曜深夜0・00)に出演。AD時代のエピソードを語った。

 大学卒業後、制作会社でADとして働いていた屋敷。「スパルタだったんじゃない?」と共演者から問われると「暴力はあったと思います」「“人が人を殴る絵”にバツが書いたポスター、そこらじゅうに貼ってあるらしいです。タバコにバツみたいなイラストってあるじゃないですか。じゃなくて、人が人を殴る絵にバツ」とリップサービスで盛り上げた。

 「でも冗談じゃなくて、今は業界全体がクリーンになってるので、ADさんはみんな楽しそう」とイメージを口に。屋敷の時代は「お世話になってた先輩がある日突然いなくなる。急に連絡も取れなくなる。いつ仲間が消えるかわからん。だから、きょうが最後と思って毎回行ってた」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月5日のニュース