×

ジャガー横田の長男・大維志くん“寮母の飯がマズイ”発言を謝罪「ジョークで笑ってもらえると思っていた」

[ 2022年7月5日 21:35 ]

木下大維志くんのインスグラムより(@therealjaguarjr)

 女子プロレスラーでタレントのジャガー横田(60)と医師の木下博勝氏(54)の長男・木下大維志くん(15)が、5日に更新されたYouTube「ジャガー横田ファミリーチャンネル」に出演し「寮母の飯がマズイ」と発言したことを謝罪した。

 ことの発端は、6月に配信されたインスタライブ。そこで視聴者から「寮のご飯で好きなメニューは何ですか?」という投稿が届くと、大維志くんは「おいしいわけじゃないやんか。毎回言ってるけど、どうしてもこれは直らない。寮母の飯がマズイ」と、答えていた。

 この発言が波紋を呼んだことについて、大維志くんは「多くの方に誤解を招く結果になってしまい、申し訳ございませんでした」と謝罪する。「この『寮母の飯がマズイ』というのはもちろんジョークで、笑ってもらえるものとしてシリーズ化を考えておりました。寮母さんとは仲良くしておりますし、実際は寮母さんは料理を作ってないんですね。そして、食事はマズくないことをお伝えしたいです。寮のご飯は、別の企業から出てるみたいで、全く関係ないことは伝えておきます」と説明した。

 これに木下医師は「JJ(大維志)くんのなかで、こういうネタをはさんでいこうという提案がありました。もともと、寮母さんにも了解は取ってあります。出前館を取っていたのは事実なんですけど“もっと食べたい”って思ったときにプラスアルファで取っていた、ということなんです」と付け加えた。

 また「木下医師が「寮母ネタシリーズは面白いと思ったけど、一旦やめましょうかね?」と問いかけると、大維志くんは「ちょっと危険ですね。金輪際、発しないかたちでいきます」と、話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月5日のニュース