×

ペナルティ・ヒデ 寺門ジモンからの金言で「億単位」の“ビジネス”に成功

[ 2022年5月16日 19:21 ]

ペナルティのヒデ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデ(51)が、15日放送のカンテレ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。通販番組への出演に際し、ターニングポイントとなった言葉を明かした。

 ヒデと言えば、通販番組での活躍ぶりが業界でも有名。2007年に初めてオファーが来た際には、当初はバラエティー番組との違いに出演を迷った部分もあったが、そこで相談したのが「ダチョウ倶楽部」の寺門ジモンだった。数々の通販番組に出演経験があった寺門は「めちゃくちゃ面白いし、奥が深い」と通販業界について説明し、ヒデには「お前なりに楽しめばいいんだよ」と助言。実際にその言葉に背中を押されて、ヒデも決意したという。

 2014年には、朝の情報番組での通販コーナーのMCに抜てきされるなど、順調にステップアップ。3日間で3億円を売り上げたこともあり、「だいたい、1日1億円くらいは」(ヒデ)というヒットメーカーとなった。

 そんなヒデがこだわっている点は、商品のマイナス要素もきちんと説明し、感じたことは素直に口にすることで、視聴者の信頼を得てきた。さらに商品の製造現場まで足を運ぶ勉強家の一面があり、海外の工場まで行った伝説も。「美的センスや金銭感覚は大事にしたいので、見た目ショボいと思ったら、ショボいと言います。値段も高い、と言うようにしています。だけども、ご家族で使えるし、ジムに行くと考えたら、だいぶお安いですよね、というところに着地すれば、いくら(マイナス的なことを)言っても大丈夫です」と明かし、MCの東野幸治もうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月16日のニュース