×

坂口健太郎×杏 7月期の月9W主演 ドラマ史上初の公正取引委員会が舞台

[ 2022年5月16日 05:00 ]

7月期のフジテレビ月9ドラマ「競争の番人」でダブル主演を務める坂口健太郎と杏
Photo By 提供写真

 俳優の坂口健太郎(30)と女優の杏(36)が、7月期のフジテレビ月9ドラマ「競争の番人」(月曜後9・00)にダブル主演する。公正取引委員会が舞台で、同組織がドラマ化されるのは初めて。凸凹バディで企業の不正を暴いていく。

 新川帆立氏の同名小説が原作。坂口が演じるのは東大法学部を首席で卒業したエリート。月9の主演は初めてで「台本をいただいて一読したら、物凄く面白い話だった。次の日のちょっとした活力やパワーにしていただけたら」と呼びかけている。杏は元警察官役で、髪を20センチカットして撮影に臨む。2015年「デート~恋とはどんなものかしら~」以来の月9主演となり「また月9というエンターテインメントを皆さまに届ける枠に戻ってくることができたのは凄くうれしい」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月16日のニュース