×

上沼恵美子 上島竜兵さんの訃報に「心から良い人。こんなショックなことない」と心痛

[ 2022年5月16日 13:19 ]

上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(67)が16日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に出演。急逝した上島竜兵さんを悼んだ。

 上沼は自身が司会を務める多くの番組にゲスト出演していた上島さんを振り返り「上島さんて本当に心から良い人ですよ。例えば誕生日が近かったりしたら、小さなブーケ持ってきてくれたりするんですよ。上島さん、ちょっとした手土産を必ず持ってきてくれるんです」とさりげない気遣いに感謝。

 「物をもろたからええ人て言うてるんやなくて、気遣い、優しさを持ち合わせてましたが、気になってたのは、ずっとなんですがこの1年2年でなく、知り合って最初から。目の笑ってない方やなって感じてました。クルリンパってやってくれるんですが、目が笑ってない。何か疲れてる」と上島さんを思いやった。
 
 「悪いことを言ってるんじゃなくて、優しさがそうしてるのか分からないけど、根っから熱湯に入ったり、おでんに顔付けられたりしてるんやない。地は全く違うんやと思う」と上島さんの優しさを強調。

 「事務所の方のお話では順調にいってて、コロナ禍も関係なく役者のお仕事もきて、絶好調はおかしいけど、やったのにね。キョトンとしてはるらしいよ。私もキョトンとした。何でやろ。良い人過ぎるんかな。もうちょっと図太くならなあかんのかな」と早すぎる死に心を痛めた。

 そして「ああいう気の使い、隅々まで目が行ってる人は自分のことをおざなりにするな。ちょっと図太くて無神経じゃないと。自分が商品やからね。タレントや芸人は。それだけに、あんな繊細な心の持ち主にはしんどいかも分からんね」と上島さんの人の良さが故の苦悩を推察。

 さらに「61歳。ちょうど還暦のあとでしょ。私も経験したけど、60歳は景色ががらっと変わる。59の次やんかて思うけど全然違うねん」と年齢も影響したのではと想像をめぐらせ「彼は考え過ぎたんじゃなかろうか。全部、想像になるんやけど、これでいいんやろうかと自己反省が多いんやと思う。60超えてんだぜ、俺。みたいなことを自問自答。最高やんか、うらやましがられてるけど、そんな人に限って悩んではる」と心の悩みに思いを巡らせた。

 そして、改めて「本当に嫌なニュースでした。何でこんなことになるんだろう。こんなショックなことないわ。生の上島さんを知ってるから、飲みに行ったことはないけど、ゲストで来ていただいて、スタジオで控え室のことでしか知らないけど、十分分かる。神経の細かい、優しすぎるな、この世界の人にしては。ちょっと図々しいところがないとね」と上島さんの人柄の良さを語り、突然の死を残念がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月16日のニュース