×

「ちむどんどん」良子、ひと安心も…博夫は優柔不断?ネット「せめて告白くらいw」里美の“結婚話”は誤解

[ 2022年5月6日 08:15 ]

連続テレビ小説「ちむどんどん」。良子(川口春奈)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は6日、第20話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算106作目。タイトルは沖縄のことばで「チム(肝=心胸・心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。映画「パッチギ!」「フラガール」などで知られ、2014年後期「マッサン」を担当した羽原大介氏がオリジナル脚本を手掛ける。今年、本土復帰50年を迎える沖縄を舞台に、沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子(のぶこ)ら個性豊かな4きょうだい、本土復帰からの歩みを描く。

 第20話は、暢子(黒島)は料理部の助っ人として出場した「第6回北部産業まつり ヤング大会」で大きなピンチを迎えるが、沖縄そばをナポリタンに変更、形勢逆転を狙う。会場には、賢秀(竜星涼)良子(川口春奈)歌子(上白石萌歌)優子(仲間由紀恵)も訪れる。良子は恋心を抱く友人の博夫(山田裕貴)と、歌子も秘めた片思いの相手・智(前田公輝)と、それぞれ会場で交錯。賢秀は自分がのめりこんだ投資話に危うさを感じ始める…という展開。

 第18話(5月4日)、良子は里美(松田るか)から「今度、博夫の両親に会うことになった。結婚式、必ず招待するから、出席してよ」と耳打ちされ、ショックだった。

 博夫「里美が昔の学校の話を聞きたいっていうから、親を紹介するって言っただけで。うちのおやじもおじいも教師だったから」

 良子「ただ、それだけ?」

 博夫「その話もなしになった。あの後、里美とケンカして」

 良子「どうして?」

 博夫「里美が良子に『オレと結婚するつもり』みたいなことを言ったんだろ。だから、オレも腹が立って」

 良子「どうして?なんで腹が立ったの?」

 博夫「なんでって。だから良子、オレと…けっ、勉強会やろう。沖縄の子どもたちの未来を、一緒に真剣に考えよう」

 良子「はい」

 SNS上には「博夫ーこの期に及んでも、なかなか優柔不断w」「『け』まで言っておいて勉強会かいw」「けっ勉強会。『け』で始まる言葉ですらないw」「いきなり結婚申し込むのか!?と思ったら勉強会w博夫…せめて告白くらいしようw」「テレビの前で頑張れっ!と叫んだけれど、勉強会になったね。でも、ちゃんと誤解を解きにきてくれて良かった」などの声が上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月6日のニュース