×

「鎌倉殿の13人」凛々しく成長“北条泰時”坂口健太郎の役衣装姿が初公開!鬱展開の救世主?ネット期待

[ 2022年5月6日 14:00 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。北条泰時(坂口健太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)の新キャスト、俳優の坂口健太郎(30)ら6人の役衣装写真が6日、番組公式ツイッターで初公開された。

 <※以下、ネタバレ有>

 ヒットメーカーの三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 北条泰時役を演じる坂口は、初出演となる大河ドラマの扮装写真解禁となった。SNS上には「つらい展開が続く唯一の希望だよ」「恐ろしい所、鎌倉に救世主現る!」「あの金剛ちゃんがこんなに凛々しい青年に」などの声が続出。一層、期待が高まった。

 他に瀬戸康史が北条時房役、金子大地が源頼家役、南沙良が大姫役、堀田真由が比奈役、相島一之が運慶役を演じる。

 北条泰時は義時(小栗)の最愛の息子。第3代執権にして日本史上屈指の名宰相。

 北条時房は義時の弟。末っ子ながら、やがて義時も政子(小池栄子)も頼る大政治家に。

 源頼家は頼朝(大泉洋)の息子にして義時の甥。肉親北条と争う2代将軍。

 大姫は頼朝と政子の愛娘にして義時の姪。純朴な少女は父の野望に巻き込まれていく。

 比奈は義時の正室。権力闘争を繰り広げる北条と比企の間を懸命につなぐ。

 運慶は日本中世に輝く天才芸術家。北条家のため珠玉の仏像の数々を生む。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月6日のニュース