×

西川貴教が筋トレ始めたきっかけ 「デビュー当時40キロぐらい」ガリガリの悩みが

[ 2022年5月6日 14:34 ]

歌手の西川貴教
Photo By スポニチ

 歌手の「T.M.Revolution」こと西川貴教(51)が、5日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」(木曜深夜1・00)に出演。デビュー当時の体重を明かし、筋トレを始めたきっかけを告白した。

 約20年前に本格的な筋トレを始め、筋骨隆々な肉体美で知られる西川にリスナーから「ガリガリ一筋50年の矢部さんでもそんな体になることは可能ですか?」と質問が届いた。

 西川は「僕もガリガリでした。デビュー当時、40キロぐらいでした」と衝撃の告白。「細かったっす。汗かいたらすぐ脱水症状なってました。やばかった。毎回ライブやったら倒れてました」と細いが故の悩みがあったという。

 その上で「スポーツをやってたけど、(肉が)付きにくかった。食べても太らへんから、どうやったらええかっていろんな人に相談した。ほんならもう筋肉付けていくしかないわって、それでやり始めたんですよ」と筋トレを始めたきっかけを紹介。

 矢部から「西川さん筋肉は付きやすい体質やったんですよ」と言われたものの「いや、時間かかりましたね」と西川。

 さらに、トレーニングに興味を示すナイナイの2人に「追い込みたい人に無理矢理やらされて痛い、痛い、痛いは嫌になるでしょ?ゆっくりやりましょ。無理くりやったかて疲れるねんから。毎日やらんでいい。決めましょ。週2でいい」と優しくアドバイス。

 ところが、最後には「何やねん、何しにきてんねん。ライブのこととか全然聞かへんやん」と終始、体にまつわるトークに自らノリツッコミを入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月6日のニュース