巨人、自力でのマジック減らしに失敗 0―2から中島打で追いつくも、直後に大竹が痛恨被弾

[ 2020年9月26日 17:11 ]

セ・リーグ   巨人2―3中日 ( 2020年9月26日    東京D )

<巨・中>8回1死、木下拓(奥)に勝ち越しの左越えソロ本塁打を浴びる大竹(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は2―3で中日に敗れ、連勝が5でストップ。リーグ連覇へ向けた優勝マジック26が点灯中だが、自力でのマジック減らしはできなかった。マジック対象チームの2位・阪神は午後6時半開始のナイターでヤクルトと対戦する。

 巨人は右腕・畠が4回まで散発3安打無失点と好投しながら5回に1死から大島二塁打の後で京田に右翼スタンド上段へ4号2ランを被弾。2死後、ビシエド四球、高橋二塁打で二、三塁としたところで降板した。それでもこのピンチにリリーフした2番手右腕・鍵谷が後続を打ち取り、イニングまたぎとなった6回も3人でピシャリ。7回も3番手左腕・大江が無失点でつないだ。

 そして0―2で迎えた7回、それまで2安打に抑えられていた中日先発右腕・福谷から先頭の坂本が四球を選んで出塁すると、岡本が三塁手のグラブをはじく二塁打を放って無死二、三塁。丸は三振に倒れたが、中島が中前に2点適時打を放って追いついた。だが、同点とした直後の8回、この回から登板した4番手右腕・大竹が1死から木下拓に痛恨の勝ち越し決勝2号ソロを被弾。福、R・マルティネスのリレーの前に打線もあと1点が遠かった。

 中日は先発右腕・福谷が6回まで2安打無失点と好投。プロ初完投初完封ペースで2―0のまま迎えた7回に同点とされ、7回途中4安打2失点で降板したが、木下拓の一発で連敗を阻止した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース