ロッテ・中村稔 首位決戦でまさかの3回途中6失点KO「申し訳ないです」

[ 2020年9月26日 16:09 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2020年9月26日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>3回、6失点で降板する中村稔(右)に井口監督は目も合わせず(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 首位ソフトバンクとの直接対決。1ゲーム差と迫った中で、ロッテの先発を任された中村稔が、3回途中で無念のKOとなってしまった。

 2回2死二、三塁から9番・周東に中前2点適時打を浴びると、川島にも右前適時打を運ばれた。

 3回も周東に中前2点適時打を浴びるなど3点を失い、なおも2死一、二塁として川島を打席に迎えたところで降板。「ゲームを作れずチームに申し訳ないです」。今季3勝目を目指して上がったマウンドで2回2/3を8安打6失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース