西武・メヒア 打の救世主だ2安打3打点!この日おじが死去…お立ち台で涙

[ 2020年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―4楽天 ( 2020年9月25日    メットライフD )

<西・楽>5回、右翼に逆転の適時打を放つメヒア(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 23日の日本ハム戦から西武の4番に座るメヒアが2安打3打点。「自分の活躍で勝ちに導くことができて凄くうれしい」と満足げに話した。

 5回には、中村の右越え二塁打の間に一塁から激走して滑り込んだ。楽天側はリクエストを要求したがセーフ判定は覆らず。「100%セーフだと思っていました」とうなずいた。お立ち台では、この日おじが亡くなったことを明かし、「難しい一日だったけど、勝ちを届けることができて本当によかった」と涙を流した。

 ▼西武・スパンジェンバーグ(7回に決勝の中前適時打)前の2人(木村、源田)が仕事をしてくれたので、自分も走者を還すという役割を果たせて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース