広島・広輔 床田援護の2ラン 走者の床田を“歩いて”還し「最悪、走者と入れ替われば」

[ 2020年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-3DeNA ( 2020年9月25日    マツダスタジアム )

<広・D(18)>3回無死一塁、田中広は右越えに2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島打線も床田を効果的に援護した。

 2回にピレラの右中間二塁打で先制すると、3回には左前打の床田を無死一塁に置いて田中広が右翼へ6号2ラン。「最悪、走者と入れ替わればいい…と。外目の球をかぶせられたのはよかった」と汗を拭った。

 その後も攻撃の手を緩めず、今季0勝3敗だった天敵・井納を6回途中KO。選手会長は「1軍は勝ってなんぼ。少しでも上を見て残り40試合を戦いたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース