巨人・中島 一時同点の2点適時打「シンプルに打ちにいくことができた」

[ 2020年9月26日 18:25 ]

セ・リーグ   巨人2―3中日 ( 2020年9月26日    東京D )

<巨・中>7回1死二、三塁、中前2点適時打を放つ中島(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人・中島宏之内野手(38)が、一時同点に追い付く2点適時打を放った。

 7回1死二、三塁で、ここまで無得点に抑えられていた先発・福谷のツーシームを中前に運んだ。「追いつけるチャンスの場面だったので一人でも還せるように、積極的に打てるボールを振っていこうと思っていました。シンプルに投手に入っていって打ちにいくことができました」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース