日本ハム・マルティネス 7四死球で自滅…4回途中6失点KO

[ 2020年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―9オリックス ( 2020年9月25日    京セラD )

<オ・日>4回途中、6失点で降板するマルティネス(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 日本ハム先発のマルティネスが4回途中6失点KO。7四死球と制球を乱して自滅した。9月は3試合リリーフに回り、先発復帰した前回18日のロッテ戦は3回3失点で降板。2戦連続の早期降板に「四死球を多く出してしまい、自分のリズムで投球できなかった。先発の役割が果たせずに悔しい」と猛省した。

 中田がリーグ単独トップの88打点目を挙げたが、序盤の失点が響いて完敗。栗山監督は「いろいろ考えながらマルちゃんらしくなるはずなんで、次に期待します」と立ち直りに期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース