オリックス・モヤ 目の前の敬遠に燃えて満塁弾「相手の判断が間違っていたと証明」

[ 2020年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス9-2日本ハム ( 2020年9月25日    京セラドーム )

<オ・日(12)>4回1死満塁、モヤは右越えに満塁弾を放ち、大下に迎えられる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのモヤが2点リードの4回1死満塁で右翼5階席へ自身初となる特大の4号満塁弾を放った。

 目の前で4番の吉田正が申告敬遠され「相手の決定、判断が間違っていたと証明できるように、と心の中で思っていたんだ」。4カード連続初戦白星で1分けを挟み3連勝。お立ち台で「マイニチ、カチマショウ!」と日本語で呼び掛けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース