阪神・藤浪が7年ぶり中継ぎ登板でまずは2奪三振

[ 2020年9月26日 20:15 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神>力投する阪神2番手の藤浪(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪がヤクルト戦の1―1の5回、2番手でマウンドに上がった。中継ぎでの登板は17年10月17日のクライマックスシリーズ・ファーストステージのDeNA戦で5番手で2回を投げて以来。レギュラーシーズンに限れば、13年4月7日の広島戦以来、7年ぶりとなる。

 先頭のスアレスには152キロの直球で空振り三振。続く坂口は141キロのフォークでバットに空を切らせた。青木には中前打されたものの、山田哲を中飛に仕留めてまずは最初のイニングを無失点で終え、6回のマウンドにも上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース