中継ぎ登板の阪神・藤浪は2回2安打1失点

[ 2020年9月26日 20:37 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神>6回無死、村上の勝ち越しソロ本塁打にヤクルトファンが東京音頭で盛り上がる中、悔しげな表情を浮かべる藤浪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 7年ぶりに中継ぎ登板した阪神・藤浪は2回2安打1失点でマウンドを下りた。先発ガンケルを1―1の5回からリリーフ。この回は無失点に抑えたものの、6回先頭の村上に痛恨の中越え勝ち越しソロを浴びた。

 その後は浜田、西浦、エスコバーを抑え追加点は許さず。7回の攻撃中もベンチ前でキャッチボールして続投に備えたが、2死一塁で打順が回ってきたため、代打・高山が送られた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース