巨人 日本シリーズは京セラDが最有力 東京Dは11.22から都市対抗開催

[ 2020年9月26日 05:30 ]

京セラドーム全景
Photo By スポニチ

 巨人がリーグ優勝し、日本シリーズに進出した場合の開催球場として、京セラドームが最有力候補に挙がっていることが25日、分かった。

 同球場では第1戦、第2戦が予定されている11月21、22日に人気パフォーマンスグループ「AAA」の公演が予定されていたが、24日に来年以降に延期すると発表。これを受けて、日本シリーズを主催する日本野球機構(NPB)が、巨人出場時の代替球場として選択肢に加えた。

 今季は新型コロナウイルス感染拡大を受け、大幅に日程変更。日本シリーズも当初の11月7日開幕から同21日に開催時期がずれ込んでいた。巨人の本拠・東京ドームでは同22日から都市対抗野球を予定。巨人が優勝した場合は代替球場で開催することが7月の理事会、実行委員会で決まっていた。

 ナゴヤドームなどのドーム球場が候補に挙がっている中で、巨人が例年、主催試合を行っている京セラドームが浮上した。なお、今季の日本シリーズは第1、2、6、7戦がセの本拠地で行われる。
◇日本Sと都市対抗野球の日程◇
日本Sセ本拠開催 11.21、22、28、29
都市対抗(東京D)11.22~12.3
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース