楽天 連勝止まる…三木監督、塩見被弾に苦言「同じバッターに打たれ過ぎ」

[ 2020年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―5西武 ( 2020年9月25日    メットライフD )

<西・楽>5回、降板する塩見(手前)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天は投手陣が踏ん張れずに連勝は5で止まり、2位・ロッテとのゲーム差は3・5に広がった。先発の塩見は4回2/3を4失点。チームで打率・394、14打点、6本塁打と打ち込まれているメヒアに2本の適時打を浴びた。

 失点はいずれも得点の直後で三木監督は「同じバッターに打たれ過ぎ。点を取った次の回に失点したらこうなる」と不満顔だった。同点の7回には「8回の男」の牧田を投入。上位打線で前倒しで送り込むも勝ち越しを許した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース