広島 育成3年目の藤井黎來が支配下選手に「やっとスタートラインに立てた」背番号58

[ 2020年9月26日 19:34 ]

 広島は26日、育成の藤井黎來(れいら)投手(21)と支配下選手契約を締結したと発表した。契約金1000万円、年俸450万円。背番号は121から58に変更となる。

 藤井は球団を通じて「素直にうれしいです。やっとスタートラインに立てたという気持ちと、今まで約3年間支えてくれた監督やコーチ、親にしっかり感謝したいと思います。今の目標は、一軍で投げることです。これからはチームの勝ちパターンで投げられるような選手になっていきたいと思います。チームに一試合でも多く貢献できるように頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」と喜びのコメントを発表した。

 秋田県出身の藤井は大曲工高から2017年育成ドラフト2位で広島入りし、身長1メートル82、体重92キロ。今季ウエスタン・リーグではここまで15試合に登板し、20回2/3を投げて4失点(自責2)、防御率0・87の成績を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース