阪神・能見 痛恨被弾 緊急昇格で名古屋から移動も結果残せず

[ 2020年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-6ヤクルト ( 2020年9月25日    神宮 )

<ヤ・神(16)>7回無死一塁、荒木に左越え2ランを浴びた能見(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・能見は、緊急昇格でめぐってきた登板でも、結果を出せなかった。

 1点ビハインドの7回から2番手で登板。先頭の西田に中前打され、続く代打の荒木に左越えに痛い2ランを浴びた。

 10日のDeNA戦では1/3回を3安打2失点で降板し翌11日に出場選手登録を抹消された。この日、名古屋から東京入りするドタバタ劇に本領発揮とはいかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース