中継ぎ登板の阪神・藤浪、村上に特大被弾…

[ 2020年9月26日 20:23 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神>6回無死、村上に中越えにソロ本塁打を浴びた藤浪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 レギュラーシーズンでは7年ぶりの中継ぎ登板となった阪神・藤浪がヤクルトの若き4番に痛恨の一発を浴びた。

 1―1の6回。2イニング目の先頭打者・村上に2球目の152キロ直球を完ぺきに打ち抜かれた。神宮球場のバックスクリーンを越える特大の勝ち越し18号ソロ。慣れない形でマウンドに上がった5回は無難に無失点に抑えたが、相手主砲との力勝負で完敗した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース