履正社、関大北陽との接戦制す 今夏の大阪府代替大会準決勝の勝者対決

[ 2020年9月26日 11:04 ]

令和2年度秋季近畿地区高校野球大会大阪府予選 5回戦   履正社5―1関大北陽 ( 2020年9月26日    大阪シティ信金スタジアム )

<関大北陽・履正社>力投する履正社先発の渡辺純太
Photo By スポニチ

 今夏の大阪府代替大会準決勝の同士の対決となった一戦は、履正社が接戦を制し準々決勝へ駒を進めた。4回1死一、二塁から敵失で1点を先制すると、5回には新主将の「4番・一塁」松林克真(2年)が2死二、三塁から左前適時打を放つなど2点を追加。8回にも2死走者なしから2点を奪いリードを広げた。

 代替大会で2年生では唯一メンバー入りしていたエースの渡辺純太は3安打を浴び失点した5回以外は無安打投球で1失点完投。小学校6年生のときに見た寺島成輝(現ヤクルト)に憧れて履正社入学を決めた左腕は、先輩と同じ背番号「1」のユニホームで自身初の9回完投を成し遂げ「自信になりました。僕が引っ張ってチームを甲子園に連れて行けたらいいと思います。寺島さんのように速球で押せる投手になりたい」と話した。

 次戦は槻の木と大商大高の勝者と4強をかけて戦う。なお、今大会は無観客開催で、球場・日時も事前には非公表となっている。。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース