阪神 中継ぎ・藤浪も実らず惜敗、巨人のマジック減らす

[ 2020年9月26日 21:55 ]

セ・リーグ   阪神1―2ヤクルト ( 2020年9月26日    神宮 )

<ヤ・神>6回無死、村上に中越えにソロ本塁打を浴びた藤浪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は1―2でヤクルトに敗れ、首位・巨人との差を詰めることはできなかった。

 1―1の6回、7年ぶりの中継ぎ登板だった藤浪が村上に特大の中越え18号ソロを被弾。その後のチャンスも生かせず、3連敗となった。巨人もデーゲームで中日に敗れていたが、マジックは1減って25に。前日25日にチーム内での新型コロナウイルス“集団感染”が判明し、苦しいメンバーで善戦したが、あと一歩及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース