「感染拡大防止特例2020」を阪神が初適用 名古屋から9人呼び寄せ、藤浪もブルペン待機

[ 2020年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-6ヤクルト ( 2020年9月25日    神宮 )

<ヤ・神(16)>8回、ブルペン待機の藤浪(右)はシャドウピッチを行う(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は25日、糸原健斗内野手(27)、陽川尚将内野手(29)、岩貞祐太投手(29)、馬場皐輔投手(25)と2軍の浜地真澄投手(22)の5選手に1軍スタッフ2人の計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24日夜に浜地の感染が確認されたことを受け、矢野燿大監督(51)をはじめ1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフら計147人を対象に行ったPCR検査で判明した。濃厚接触者らも含め10人の出場選手登録を抹消し、9人が緊急昇格して同日のヤクルト戦を決行した。

 浜地と会食した岩崎、小川、馬場以外の選手からも感染者や濃厚接触扱いと判断する選手が出現する想定外の事態に、阪神も慌てるしかなかった。

 24日夜の浜地の陽性判定を受け、球団は即座に対応へ向けた協議を開始。浜地の行動確認作業と並行し1、2軍全員のPCR検査実施を実施。この時点では、浜地の行動履歴から判明した19日の会食同席者である岩崎、馬場、小川の状態だけが懸念され有事に備えて水面下で投手を中心に数人程度の入れ替えの準備を想定していた。

 ところが、陽性となった4人に濃厚接触者2人、陰性だったものの会食に参加した福留、江越、小林、木浪と計10人が出場選手登録を外れることになり、名古屋遠征中だった2軍の藤浪や能見、上本、高山、北條ら9選手を急きょ、東京に呼び寄せることになった。突然のため、移動準備にも時間がかかり、神宮球場に着いたのは試合前のことだった。

 そんな中でも、能見は2点こそ失ったが登板し北條は8回の守備から途中出場し安打も記録。上本、高山も代打として出場した。ブルペンでは、藤浪がシャドーピッチングするなどし、先発ではなく救援での登板も想定して準備を進めた。

 シーズンを円滑に進めるため、柔軟な選手の入れ替えを可能とした「感染拡大防止特例2020」が初めて適用された。

 ▽感染拡大防止特例2020(通称特例2020) プロ野球で新型コロナウイルスの影響を最小限に抑えてシーズンを円滑に進行させるため、感染者や濃厚接触者などが出た場合に柔軟に選手を入れ替えられるようにする今季限りの特例。感染やその疑いで出場選手登録を外れた場合は代替選手を指名でき、体調の回復や感染がなかったことを証明する医師の所見などがあれば、規定の10日間を待たずに再登録できる。登録を外れている間も、フリーエージェント(FA)権取得に必要な登録日数は加算される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月26日のニュース