中日・ロドリゲス 来日初勝利にとびきり笑顔 ウイニングボールは「両親に渡したい」

[ 2020年8月15日 17:50 ]

セ・リーグ   中日7―4巨人 ( 2020年8月15日    東京D )

<巨・中>R.マルティネス(左)からウィニングボールを受け取るロドリゲス(撮影・森沢裕) 
Photo By スポニチ

 中日の先発・ロドリゲスが7回1失点の好投で、来日初勝利を挙げた。

 5回までは毎回走者を出したが、粘りに粘った。3点リードの4回無死満塁のピンチでは吉川尚に中前適時打を許したものの、後続を断ち最少失点で切り抜けた。

 来日初登板となった前回9日も巨人相手に7回1死まで無安打に抑えるなど、6回1/3を2失点。2試合続けて宿敵相手に好投し、つかんだ来日初勝利。マウンド上で見せる険しい表情とは打って変わって「本当に本当に嬉しいです」と笑顔がはじけた。

 ウイニングボールは「育ててくれた両親に渡したい」と遠く離れたキューバから声援を送ってくれる家族へ感謝の言葉を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース