倉敷商が仙台育英に快勝 打線つながり12安打6得点 2番手・永野が好救援

[ 2020年8月15日 18:23 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   倉敷商6―1仙台育英 ( 2020年8月15日    甲子園 )

5回2死満塁、押し出しの四球を選び雄たけびをあげる浅野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった今春センバツに出場予定だった32チームによる「2020年甲子園高校野球交流試合」4日目が15日、甲子園球場で行われた。第3試合は倉敷商(岡山)が仙台育英(宮城)を6―1で下した。

 4回に先制を許したが、2死二塁から5番・田村の中前適時打で同点に。5回にも2死満塁の好機をつくると3番・浅野が押し出し四球を選んで勝ち越した。6回以降も得点を加え、仙台育英を突き放した。

 投げては4回無死二塁から登板した2番手の永野が好救援。切れのある球で9回までを無失点に抑えた。

 仙台育英は打線がつながりを欠き、エースの向坂が6失点と崩れた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース