DeNA・大貫 6回途中1失点で自身5連勝!チームの連敗も止めた

[ 2020年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―2ヤクルト ( 2020年8月14日    横浜 )

<D・ヤ>2回1死満塁のピンチを無失点でしのぎ笑顔の大貫(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 細身の体型から「豆苗」のあだ名を持つDeNAの大貫が、6回途中1失点で自身5連勝。「素直にうれしいです」と笑顔を見せた。

 4回1死から村上に特大ソロを浴びたが、失ったのはこの1点のみ。村上には昨年から通算4本塁打目となり「昨年から打たれっぱなし。次回対戦がある時は、しっかり考えてやっていきたい」と雪辱を誓った。それでもラミレス監督が「また素晴らしい投球だった」と称賛する仕事ぶりで、規定投球回未到達ながら防御率1・86。抜群の安定感を誇る右腕がチームの連敗を2で止めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース