西武「獅子おどし打線」復活!連敗7でストップ 復帰の金子が決勝投手強襲安打

[ 2020年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武13-8楽天 ( 2020年8月14日    メットライフD )

<西・楽>5回、投手強襲の適時内野安打を放つ金子(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ようやく、長いトンネルから抜け出した。西武は16安打で今季最多の13得点。「獅子おどし打線」が復活した西武が連敗を7で止めた。

 存在感を示したのは首痛で2軍調整が続き、7月4日以来の復帰となった金子だ。5回に同点に追いつき、なおも1死二、三塁で投手強襲の決勝内野安打を放った。「素直に打ちたいと思っていた。自分の舞台(1軍)で戦えないのは歯がゆかった。首痛が続き、気持ちは自分との戦いだった」。不在の間、若手の鈴木や川越が活躍していたが、昨季の盗塁王も負けていられない。この回一挙6点を奪って試合を決めた辻監督は「5回は見事な攻撃。連敗が止まり、寝起きが爽快になるよ」と笑顔だった。(大木 穂高)

 ▼西武・高木(1番・右翼で3安打2打点でプロ初の猛打賞)精いっぱいの打撃を心掛けています。明日からも先発ではなくても頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース