阪神 “ショ盆”二塁すら踏めず2安打で零敗 森下対策が急務、矢野監督「何とかしていく」

[ 2020年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-6広島 ( 2020年8月14日    京セラドーム )

<神・広(9)>森下の前に2安打完封負けを喫し、肩を落として引き揚げる阪神ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 甘いマスクの難敵に軽くひねられた。最後は阪神・中谷が外角の146キロを見逃して3球三振。今季最少2安打のおまけも付いて、森下に阪神戦3勝目を献上した。7月30日のヤクルト戦以来となる今季5度目の零敗。大敗を喫した試合後、矢野監督は見せ場もない無抵抗の打線を嘆いた。

 「(初回から3点を追う展開も)言い訳にはならんけど。あの点の取られ方だと追いかける方もしんどい。(森下は)この前より状態よかったとは思うし、それでも打線は何とかしていかなあかん」

 初回から劣勢を強いられた展開に、打線も空回りした。新人右腕の投球を際立たせたのは4回。先頭・近本は内角低めのカットボールに空振り三振を喫した。続く中谷は低めの150キロストレートに見逃し三振。3番・サンズは113キロのカーブで見逃し三振と、3連続三振を奪われた。

 「全部の球種で三振を狙える投手なんで」

 厄介なのは持ち球すべてがウイニングショットになり得ることだ。ストレート、カーブ、カットボール、そしてチェンジアップ。先発全員を含む12奪三振を許してしまった。5回2死までは1人の走者も出せない完全投球…。安打が生まれた5、9回以外の7イニングは、すべて打者3人で攻撃が終了した。

 「打線が晋太郎の時はずっと点が取れていないっていうのもある。打線も援護できていないというのは打者の責任もある」

 初回に3失点したとはいえ、またも藤浪の援護に失敗した。これで今季の登板4試合で、わずか3得点。この夜は二塁も踏めない、完敗だった。2連勝の勢いを持ち込みたかったが、8日ぶりの地元で打線は盆休み。首位・巨人とは再び今季最大となる7ゲーム差となった。「これからも(森下とは)当たるんでね。そこは何とかしていきます」。逆襲へ打線の反発力は必要不可欠。対策は急務だ。 (山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース