エースがまさか…DeNA今永今季ワースト4回途中6失点KO「責任を感じています」

[ 2020年8月15日 20:17 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2020年8月15日    横浜 )

<D・ヤ>4回途中降板する今永(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太がいずれも今季最悪の3回1/3を6失点で降板した。

 初回から苦しんだ。先頭の山崎に二塁打を許し、暴投もあり1死一、二塁のピンチ。ここは村上をカットボールで投ゴロ併殺打で切り抜けた。

 2回は三者凡退も、3回1死二、三塁から山田哲、青木に連続適時二塁打を浴びて3点を失った。さらに4回には無死一、二塁から自身の悪送球で1点を失い、1死満塁から山田哲に押し出し四球を与えたところで投手交代が告げられた。

 何度も首を横に振り、自身の投球に納得がいかない様子を見せた左腕。ちょうど1週間前に白星を挙げ、昨年から5連勝中だったヤクルト打線につかまり「初回のピンチをダブルプレーで切り抜けて流れに乗らなければいけなかったのですが、四球絡みで流れに乗ることができませんでした。先発として早いイニングで降板することになり責任を感じています。次回登板に向けて、四隅を狙うことも大事ですが、ストライクゾーン内に質のいいボールで勝負できるよう取り組みたいです」と反省の言葉を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース