花咲徳栄3回戦突破 井上無安打もスカウト評価「高校生の中では上位レベル」

[ 2020年8月15日 05:30 ]

埼玉大会・3回戦   花咲徳栄5―2春日部共栄 ( 2020年8月14日    大宮公園 )

<花咲徳栄・春日部共栄>6回1死一、二塁、二飛に倒れる花咲徳栄・井上(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 花咲徳栄が5―2で春日部共栄を下し、3回戦を突破した。プロ10球団のスカウトが視察する中、高校通算50本塁打を誇る井上朋也(3年)は「1番・三塁」で出場し、4打数無安打2三振。10日に甲子園で交流試合を行い、前日の春日部工戦に続く連戦となり「疲れもあるが、打てるボールに反応できていない」と反省した。

 それでも阪神・和田豊球団本部付テクニカルアドバイザーは「スイングに強さとスピードがある。高校生の中では上位レベル」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース