阪神 近本が自己最長タイ13試合連続H 糸井は2カ月ぶり3安打

[ 2020年8月15日 19:50 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年8月15日    京セラD )

<神・広>5回無死、近本は左翼線二塁打を放つ。投手大瀬良(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・近本が自己最長タイとなる13試合連続安打を記録した。1点リードの5回、先頭打者で打席に入ると、大瀬良の直球を捉えて三塁線を破る二塁打。2打席目までは内野ゴロ2個と凡退していたが、3打席目に快音を響かせた。

 さらに、続く糸井が中前適時打を放って早くも、この試合3安打。開幕3戦目だった6月21日の巨人戦以来、約2カ月ぶりの3安打で復調をアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース