ソフトB・東浜 右手親指から流血も5回1失点と試合つくる

[ 2020年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―1オリックス ( 2020年8月14日    ペイペイD )

<ソ・オ>指から血を出し投球する東浜(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の東浜は5回4安打1失点と試合をつくった。右手親指から流血する中、5回までに102球を要して降板となり「初回から安定せず、リズムの悪い投球になってしまった」と反省した。

 ここ3試合、勝ち星をつかめていないが「金曜日の試合を任せられているということをもう一度しっかり理解して、もっと長いイニングを投げられるような投球がしたい」と次戦に目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月15日のニュース